サニー 永遠の仲間たち

a0003899_445229.jpg某プロデューサーが「冒頭から号泣するよ!」
と、ベタ褒めしていたので「サニー 永遠の仲間たち」鑑賞。

アラフォー世代としては名曲の数々に懐かしさを感じつつ
青春あるあるを堪能。
ストーリーはある意味不動のベタ展開。
しかし「韓国」という距離感なのか
「嫌み」というか「イヤラシさ」が無いところがとても楽しめました。

80年代の韓国は日本とあまり変わらなかったんだね・・・と
改めて、同時代のシンパシーを感じました。

あえて苦言を言わせてもらうと
♪タイム・アフター・タイムはやはりシンディ・ローパーでしょう。
そして、♪SUNNYはハイスピードのカット割りをインサートするのも
アリだったんじゃ無いかなと・・・あくまでも“あえて”言うならばです。

ああ、あと号泣はしませんでした。
[PR]
by yagichou | 2012-06-19 04:45 | RECOMMEND...?
<< 関根 勤ワールド すっかり忘れてましたが >>