たんじょび

毎年迎える事柄ながら、その年々で全く状況が違う。
しかしながら、年々親からの催促(らしき発言)だけは増えてくる。

時には留守電に、時には直接携帯電話に。
誕生日の翌日、おやじからケータイへ電話があったかと思えば
そんな話しかい!
…と思いもよらず電話口で大ゲンカ。
お互い酒が入っていたせいもあり、ケンカしたまま電話を切る。

相手が必要な事なんだから、できない事はできないんだっつの!
いわゆる「無い袖は振れない」ってのと同じです。

でも誤解を受けたままな訳にもいかず、本日おふくろを経由して伝言。
「私はゲイではありませんから」

一体どんな親子の会話じゃ…
[PR]
by yagichou | 2006-02-20 21:56 | TEXT
<< 増上寺 2006 冬 人にならって >>