花田少年史

a0003899_20553284.jpg
冒頭からテンションの高い導入ですが
そのわりにはカット割りだったり、話の展開だったりが
無理矢理過ぎてとてもじゃないけど入り込めない。
漫画的な面白さ(?)を一生懸命再現しようとしているらしが
どうにも失笑をかう感じの構成。

…と、そんな感じで始まるから、どんどん見方は厳しくなっていきます。
アタマの15分でこの映画の全ての雰囲気をつかみ、乗っていかないと
なかなか入り込めない。

しかもこんなのが2時間も続くし…(そのうちこの雰囲気にも慣れてきます)

所々笑える部分はあるのですが、そんなものタダの小笑いに過ぎないし
どんな駄作にもひとつくらいイイとこあるでしょ。

三丁目の夕日の流れを続けていこうとした制作側の意図は分かりますが
もうちょっとちゃんと作りましょう。

と思ったが、もしかしたら、この辺の微妙な部分を狙っていたのか…!?
[PR]
by yagichou | 2006-08-17 20:56 | RECOMMEND...?
<< バックダンサーズ 夏のカレー祭り2006 その③... >>